1. HOME
  2. ブログ
  3. 「自転車のある風景」2022年6月課題

「自転車のある風景」2022年6月課題

篠原貴之水墨画塾 2022年6月課題「自転車のある風景」

自転車以外はあまり描くものがないように思われる風景ですが、手前の壁と奥の壁が少しずれていることを利用して、自転車を中心に手前と奥で空間的な違いを描き分けると面白い絵になります。
手前の壁、道、標識を近景として質感をしっかり捉え、自転車より奥は遠景として空間を描くような意識で描くと水墨的な墨使いや省略が活かせます。

作品制作動画(会員専用コンテンツ)


関連記事